カードローンの審査では在籍確認が行なわれます。
これは消費者金融か銀行かに関係なく、基本的にどの金融機関でも行なうものです。

申込みする人にきちんと返済できるのか、収入源はあるのかを確認するために勤務先に電話をして在籍の確認をします。
しかし職場に電話されると、借金していることがバレルのではと心配になりますよね?
仕事場で肩身の狭いを思いをするのは絶対に避けたいところです。
そのような思いをしないように在籍確認なしで借りれる消費者金融を探す方も多いです。

しかし在籍確認は、返済能力を見極めるのに必要なもの。
果たして在籍確認なしで融資する消費者金融や銀行はあるのでしょうか?

 

そもそもカードローンの在籍確認って何?

在籍確認とはカードローンやキャッシングの申し込み後の審査で、カードローン会社から勤務先の固定電話にかかってくる電話のことです。
これを行なう理由は、申し込み意思の確認と、申告した通りの会社に間違いなく勤めているかの確認のためです。
以前は、カード会社が必要と認めた時にだけ行なっていましたが、近年はどの業者も在籍確認を行なうようになりました。

 

気になる在籍確認の電話の内容

在籍確認の電話の内容は業者によって異なります。
しかし消費者金融の場合は絶対に会社名を名乗りません。
というのも会社名を名乗ってしまうと「〇〇さんは借金しているのか?その最速の電話かな?」等と、電話を取り次いだ人に思われる可能性があるからです。
借金している事実は勤務先の人はおろか家族にも伝えてはいけないと法律で定められています。
ですから消費者金融の場合は、会社名は名乗らず担当者の個人名で電話をすることとなっています。
キャッシング会社は勤務先の人に知られないようきちんと配慮してくれますので、そのあたりは安心して良いかと思います。

例えば在籍確認の電話は以下のやり取りで終わりになることが多いです。

金融機関担当者「もしもし、私、高橋と申しますが、田中さんはいらっしゃいますか?」
勤務先の電話受付「田中は、ただいま席を外しています」

たったこれだけのやりとりで、申し込み者がその会社に勤務していることの確認が取れます。
上述のように消費者金融からの電話ですと会社名は一切名乗りません。
カードローン経験者が電話に出ないかぎりは感づく人はいないでしょう。

但し、会社によっては個人名だけを名のって電話してくる人には「そんな人はいません」「お答えできません」といったように返されることもあります。
確かに職場に個人名で電話されれば不信感を与えてしまう可能性は少なくともあると思ってよいでしょう。
この様に、個人名だけですと応対してくれないと言う会社も少なくありません。
むしろ今は個人情報に対する管理が厳しくなっていますので、電話での在籍確認が難しい会社のほうが多いかもしれません。
ですが、この場合でも他の方法で在籍確認でも可能です。
その辺りについては後述します。

これに対し、銀行カードローンの在籍確認は基本的に行名を名乗ります。
消費者金融でローンを組むとなるとネガティブなイメージを持たれる方も多いですが、銀行でローンを組むの極自然なことです。
ですから銀行からの電話と知られてもネガティブに捉える方は少ないでしょう。
また銀行の場合、消費者金融とは違ってカードローン以外にも様々な融資商品を扱っています。
住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどなどでも勤務先への在籍確認はありますので、銀行からの電話で不審がられる可能性は低いと思ってよいです。

そうは言っても、職場の人にローンを利用している事自体知られたくないという人もいます。
そのような場合は希望すれば行名を名乗らず担当者の個人名で電話対応もしてくれます。
但し基本的には行名は名乗りますので、希望がある場合は必ず事前に伝えておく必要があります。

勤務先で本人が電話に出た場合は、簡単な本人確認がされる場合もあります。
このあたりはキャッシング会社によって違います。
とは言っても聞かれることは生年月日などぐらいです。
もちろんその場でカードローンの詳細について話すことはありません。

在籍確認の電話がかかってきた場合は、ほぼ融資確定と思ってよいです。
在籍確認するにも人件費と電話代といったコストがかかるわけですから、わざわざ融資できないような人に在籍確認をすることはありません。
もちろん在籍確認後に否決になることもありますが、それはかなり稀なケースです。
ですから電話がかかってきたらほぼ間違いなく融資OKと思ってよいでしょう。

 

電話以外での在籍確認の方法はある?

在籍確認なしで融資をしてくれる消費者金融は基本的にありません。
申し込み者の返済能力をしるためにも重要な判断材料となるからです。
むしろ在籍確認なしで融資する業者は怪しいと思ったほうが良いくらいです。
中には虚偽の申告をされる方もいますので、そのような人に対して貸付してしまうことがあると多大なリスクを負う事になってしまいます。
しかし在籍確認をすることでこのようなリスクを避けることが出来るわけですから、在籍確認なしで融資を行うリスク覚悟の金融機関は、必ず別の方法で埋め合わせようしようとしてきます。
闇金融など悪質な貸し付け業者の中である可能性が高いですから、そのような業者には絶対に手を出さないことです。

ただ、上記で紹介したように個人名だと対応してくれない会社に勤務している人ですと、在籍確認が取れませんので融資が受けられません。
そのような方なら在籍確認なしで融資してくれる消費者金融を選びたくなる気持ちも分からなくはないです。
また中には自分宛てに電話がかかってくることなんて先ず無いと言う人ですと、周りから不審がられる可能性が高いですから、電話連絡は避けたいところでしょう。
事情によって電話連絡が難しい方は、在籍確認書類で対応できないか相談してみると良いです。

働いている会社の社員証、健康保険証、給与明細書、在籍確認書等など、その会社に勤務して働いていることを証明できる書類があれば在籍確認に応じてくれる業者もあります。
今のところ、大手の消費者金融でのみ在籍確認書類で対応してくれるようです。
どうしても電話連絡が難しい方は大手消費者金融でキャッシング申し込みすると良いでしょう。
書類での確認が取れれば職場への電話がされることはありません。
もちろん今後利用していく中でも職場への電話はありませんので安心してください。

また在籍確認書類はFAXなどではなく、携帯電話で撮影しメールで送るだけで在籍確認してくれます。
書類を送る際は文字にピントを合わせて鮮明に見える状態で撮影し送るようにしましょう。
これは本人確認書類など他の書類を送るときにもいえますが、見えにくいと再度提出しなければいけませんので時間ロスとなります。
この点はキャッシング会社も厳し目に見ますので、ハッキリと見えるように撮影しましょう。

書類での在籍確認は必ず対応してくれるわけではありません。
あくまでも少額の借入のみ場合OKとする業者が殆どです。
大手消費者金融でも借入希望額が50万円を越える場合は審査が慎重に行われ厳しくなりますので、在籍確認は電話で行なわれる可能性が非常に高いです。
申込みする際はいくらまでの借入なら書類で在籍確認してくれるのか確認しておくと良いでしょう。

因みに銀行の場合は電話確認じゃないとダメという所が多いです。
と言うのも、書類は偽装できてしまうため信ぴょう性に欠けますし、郵送で送るならまだしもコピーで送信しますので見破れない可能性が高いからです。
むしろ電話での在籍確認を拒むとなにか不都合な事情でもあるのだろうかと怪しまれてしまいます。

書類提出での在籍確認をすることで勤務先に電話がかかってくることを避けることが出来ます。
しかしメリットはそれだけではありません。
それは土日や会社休みの日でも即日で審査を完了させることが出来ると言うことです。

カードローンは即日融資が可能ですが、それも在籍確認が完了して始めて成り立つもの。
いくら即日キャッシングを謳っている業者でも、その日のうちに在籍確認が出来なければ融資を実行することはありません。

融資を希望する日が会社の休業日ですと当然電話での確認が取れません。
しかし書類提出なら、会社の休みであっても問題無く在籍確認が可能です。
ですから急ぎでお金を借りたい方や土日祝日に融資を受けたい方は書類で在籍確認可能な消費者金融のカードローンを選ぶと良いでしょう。

 

カードローン審査時に勤務先を偽るのは犯罪!?

カードローンを利用希望する方の中には無職の方や、働いているけど勤務先を教えたくないという方もいます。
そのような時、勤務先を偽装して在籍確認を通過しようとする方が中にはいらっしゃいます。
偽装会社と呼ばれる会社で、架空の会社に勤務しているかのように見せかける業務を行なっています。
無職の方や水商売などあまり人には言えないような仕事をされている方が利用することが多いようです。

偽装会社で行なっている業務は、給料明細・源泉徴収票などの発行、電話対応、郵便物の転送、保証人の紹介などです。
しかし偽造された書類を提出する行為は詐欺罪に問われる可能性があります。
実際に偽装会社を利用し、その会社と利用者が摘発されるという事件が過去にあります。

偽装会社の利用で在籍確認したり書類を発行してする契約行為は法により罰せられる可能性があります。
契約時にバレなくても、その後の利用で発覚すれば詐欺罪に問われるだけでなく、キャッシング会社から損害賠償請求を受ける可能性だってあります。

たった一度の過ちで人生を棒に振ってしまう可能性だってあります。
偽装会社を利用しての在籍確認は絶対に止めましょう。